メッセージ

企業の成長や持続的発展、優秀な人材の確保には、働き方と休み方の見直しにより ワーク・ライフ・バランスの推進を図る労働環境の整備が重要です。
労働者一人ひとりを大切にすること、 労働環境を良くすることは結果的に経営にもプラスになり、経営者にも労働者にもメリットがあることを、 基調講演と、地域の先進企業の事例発表、パネルディスカッションによりご紹介します。

基調講演

イキイキと働いて暮らすワーク・ライフ・バランス

~人口減少社会における持続性のある企業づくりに向けて~

[講師]
株式会社東レ経営研究所 研究部長

渥美由喜氏

【プロフィール】
1992年東京大学卒業。複数のシンクタンクを経て、2009年 (株)東レ経営研究所に入社。国内のワークライフバランス・ ダイバーシティ先進企業750社、海外150社を訪問ヒアリング し、4,000社の財務データを分析。また、実際にワークライフバランスやダイバー シティに取り組む企業の取組推進をサポート。プライベートでは8歳と5歳の 2児を共働きの妻とともに育てており、2回、育児休業を取得。5年前から父の 介護(要介護1)に奮闘しており、介護は介互と実感。20年前から、市民の三面性 =職業人、家庭人、地域人が座右の銘。主な著書は『ムダとり時間術』『イクメンで 行こう!―育児も仕事も充実させる生き方』『少子化克服への最終処方箋』等。

パネルディスカッション

[テーマ]効率的に働いてしっかり休める職場づくりについて

[コーディネーター]
静岡県立大学国際関係学部 教授

犬塚協太氏

【プロフィール】
1986年東京大学文学部卒業、1991年同大学大学院社会 学研究科修士課程終了後、静岡県立大学国際関係学部助手 に就任、専任講師・助教授を経て2007年から現職。また、 同大学では男女共同参画推進センター長を務める。近代家族の形成と変動、 家族政策の展開などを主要テーマとして研究。静岡県しずおか男女共同参画 推進会議教育部会長、島田市男女共同参画推進委員会委員長など、静岡県内 で男女共同参画に関する各種委員を歴任。

インフォメーション

開催日 平成27年7月17日(金)
時間 13:30 〜 16:00
参加費 無料
開催場所 島田市民総合施設プラザおおるり大会議室
定員 100名
問い合わせ先 厚生労働省委託事業実施機
特定非営利活動法人クロスメディアしまだ
主催 厚生労働省、静岡労働局
島田労働基準監督署、島田市、川根本町
申し込み ページ下を参照ください。

マップ

申し込み

BACKTOTOP